読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腎臓内科受診 その2

先生から腎生検のすすめをされると、正直頭の中が真っ白になった感じがした。

別に癌を告知された訳でもなく、昔から腎臓が悪いことは承知していたのだが・・・

 

う~ん、 あの針を刺して腎臓の組織をとる検査かよ~

おっ恐ろしいというイメージしかなかった!!

 

少しボーっとしたが、詳しく聞いてみることにすると,

腎生検によって具体的3つの症状に分けられるらしい。

 

①Iga腎症  これは時間はかかるが、治ることが多い症状

②膜性腎症

③単状糸球体硬化症   完全には治らないことが多い症状

 

②は1と3の中間の症状らしい・・・

 

!?・・・

えっ!?治るの・・・

 

今までのかかったお医者さんの先生たちは、そろって必ず言ってたことは

腎臓は悪くなるともう治ることはない!!

 

30年以上かかって何人の先生からそう言われてきたことか。

 

腎臓内科にかかって、初めて医学は進歩したんだな~と思った瞬間でした。

 

で、親戚のおじさんの話になりますが、腎生検を受けて③の症状とはっきりわかり

薬によって尿たんぱくを抑えることに成功したらしいです。

当然、透析も免れ現在も元気でいます。

 

親族間の遺伝的のもので腎臓が悪いとしても、全く同じ症状の場合とそうでない場合があるので、

そういったことも踏まえ、検査した方がいいんじゃないかと先生に言われ、

そうなれば、頭ごなしに断るわけにもいかず、

 

日程は後日電話連絡することで、今回の診察は終了になりました。

 

その3へ続く