読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腎生検当日(3)

処置室へ入ると、若い研修医らしい男性が目にはいる。

他は大柄な中堅男性医師と担当の先生、他は女性看護師が3名いたと思う。

室内に入ったらすぐにベッドにうつ伏せになったので、室内の状態はこのくらいしか覚えていない。

それからすぐに看護師さんが、右腕に血圧を計るバンドを巻き、緊張感はピークに達する。

担当の先生が背中の部分が解放してあるシートを背中に被せ、消毒を開始。

と同時にエコーで腎臓を確認。

ここでネットの体験談にあった呼吸の確認をしました。

腎臓は息を吸ったときに連動して動くため、呼吸を止めたときに針を刺すらしい。

今回は息を吸って少し吐いて止めるのがベストタイミングらしい。

それからチクんと麻酔を3発くらい打ち込んで、さあ本番と掛け声があり

ズブっと挿入(ひゃ〜っ)

あれっ

あらら

痛くないじゃん^_^

でも何かしら入ってる感じはした、
それから例の音が響き、腎臓の細胞をゲット。

その音はパチンという感じではなく、ガチャンという大きな音だったと感じましたね。

すぐに病理の人が顕微鏡で細胞の数を確認しに行き、その間に血圧を測ったりしていました。

待つこと数分、2回目の針挿入開始。

おっと 痛っ

麻酔切れてんじゃん!

でも容赦なくバチンと音が響く。

泣きそうなのを堪えて、検査終了を祈る。

が、しかし
細胞の数は足りないらしい(泣)

結構な時間が経過したと思うが、その間に凄い力で圧迫止血をされていて、結構苦しかった記憶がある。

もう勘弁してくれと思いながら、3回目の挿入。

三度目となるとより鮮明に腎臓をえぐるのが実感でき、バチンで終了。

それからまたものすごい止血が始まり、耐えながら看護師さん達の雑談を聞いて

6人がかりで仰向けにされました。

そしてお腹に砂袋をまかれ、病室へ移動され絶対安静の始まり。

続く