腎生検後の長い長い夜

さて朝まで12時間程度、どうやって過ごせばいいんだ?と何度考えたかわからない。

3時半からまだ3時間しかたっていないのに、割と腰が痛くなってきている。

看護師さんに言っても、横向いていいよと言うばかり。

その横向くのが至難なんだよ、と心のなかで叫ぶ。

まあ、こればっかりは他人がどうこうできるものではないしね‥‥‥

何度天井を見上げたのだろうか

いや何時間天井を見ていたのだろう

と言うより天井か点滴しか見るものがない。

f:id:ondoluko:20160420135443j:image


消灯後も寝れる気が一切しない。

マジ腰くだけそう。

起き上がってストレッチしてえな〜

4人部屋なので中々物静かな夜というわけにはいかないみたいだ。

何度も血圧を測ってみたり、トイレに何度も行く人や、点滴を交換してもらったり‥‥

朝4時ごろに歯磨きしたり

いろいろな患者さんがいるわね。

そういえば

朝6時頃に採血してもらったが、寝てないし水分もあまりとってないから、
ドロドロの血でちゃんと採れるんかなあと思いながら抜かれた気がする。


そんな感じで一睡も出来ずに朝を迎える。

が、しかし
先生に診てもらって寝たきり解除は、

おそらく9時過ぎだろうから

まだまだ苦しみは続く(泣)

そして8時の朝食の時間までこぎつけた。

当然寝たまま食べるんで、やっぱりおにぎりだね。

死ぬ思いの斜め横向き姿勢で、何とか1個食べるので精一杯。

それに食べて腹に溜まると、オシッコの出が良くない感じがして気になっていた。

管を入れてあるから、自分の意思では出来ないんだけど、腹に食べ物が溜まると
違和感が更に強くなって、

ちゃんと出てるかなって管を見る回数が増えた気がする。

寝たきり解除と管をとってくれ〜と祈ること‥‥

待望の9時になった‼️

そのぐらいの頃合いで先生が顔を出してくれたが、他の患者さんの様子を見て、

また来ますだって???


おいおい‼︎

苦しみ度からいったらこの病院の中でかなり上位になると思う自分を後回しにするなよな (心の叫び)


それから30分くらい経った頃に
先生登場。


オシッコの血もそんなに多くないので大丈夫ですねー
起き上がっていいですよ。

遂に念願の許可がでた‼️

よしっ、カチコチになった腰を気遣いながら何とか起き上がった

そしてフラフラしながら立ち上がってみた。

と、その時先生が
急に立ち上がって、ふらついて倒れる患者さんもいるから気をつけて、だってさ。

おえ〜、早く言えよなそう言うことは?

で、結局何とか無事に立ち上がれたから
オシッコの管も撤去?

すぐに看護師さんがやって来てくれたんだけど‥‥

またあの割と可愛い看護師さんじゃん‼️

入れる時に失敗したから少し戸惑った表情してるけど、大丈夫かな?

こっちもまたアソコをこの看護師さんに見られ触られるんかと、少し不安に思っていたら、

病室内にいた男性看護師さんが、駆けつけて管を抜いてもらった(^.^)

正直抜くのも痛かったけど、開放感の方が強かった。

そしてついでに点滴も撤去してもらい、晴れて自由の身に(^∇^)


自由に動けるってこんなに幸せなことなんだって実感した瞬間でした。