読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遺伝子カウンセリング受診 最終話

こちらとしては採血して貰う気満々だが、時間が夕方5時を過ぎていることもあり少々不穏な空気がながれていた。

 

そこはこちらも引き下がれずに、何とか今日採血して下さい💉と必死にお願いを。

 

何とか採血もOKとなり、次回の予約を済ませ採血室へ。

ちなみに次回は、検査結果が絶対に出ているであろう夏の終わり頃に予約。

 

そして採血室で普通の注射器1本分を採血💉

 

遺伝子検査っていうからどんだけ血を抜かれるかと、不安だったので軽く拍子抜けしたかな。

 

それから、

会計で一体幾ら払うんかな〜と内心ドキドキしていたら‥‥‥

 

何と‼️‼️

時間外のため支払い不可能だってさ。

 

おいおい、また支払うためだけに来いってか💢

 

いやいや、振り込みでOKだっていうから振り込むことに。

念のため後日支払い額を電話連絡して貰うことにして、やっと帰ることに。

 

こんな感じで遺伝子カウンセリングが終わったんだけど、腎生検から約1年が経過してしまった。

もっと早く行動を起こすべきだったと思うけど‥‥

 

果たして、アルポート症候群のDNAは発見されるのか?

結果は夏の終わり頃にわかります。